母乳育児しちゃいました!ママたちの体験

母乳・ミルクにとらわれすぎないで

出産をした院が、かなりストイックな母乳育児を方針としていました。授乳ごとに赤ちゃんの体重を計って飲んだ量を記録しますが、不足の場合も一切粉ミルクは出さず、糖水でしのぎながらお乳が出るようになるのを待つ、という具合です。私は出産当初は十分にお乳が出ず、常に赤ちゃんにおっぱいをあげているような状態でした。入院中に乳首が切れて血が出たり膿んだりして、おっぱいをあげるたびに激痛が走り、すっかり授乳が嫌いになってしまいました。しかし、産院で「母乳至上主義」の教育を叩きこまれていましたので、飲ませ続けると出るようになると信じて、頑張っていました。
そのおかげかどうかはわかりませんが、退院する頃にはよく母乳が出るようになりました。しかも私はお乳が張らない体質だったため、乳腺炎などの心配もなくその点では苦労知らずでした。しかしここでネックになったのが、実の母親。「自分の時はお乳が張って張って苦しくて、暇さえあれば絞っていたものだ。こんなので十分におっぱいが出ているはずがない。」と主張して、執拗にミルクを勧めてくるのです。体重は増えているんだから大丈夫と、何度言っても理解してもらえず、私が授乳するたびに勝手に粉ミルクを準備する母親との攻防で、里帰り中はストレスの連続。さらに、一ヶ月検診で「赤ちゃんのおむつかぶれがひどいのは、おっぱいの質が悪いから。あなた、糖分や油分の高いものを食べ過ぎていませんか」と聞かれてしまいました。実は、ストレス解消のために、大好物のチョコレートに手を伸ばすことが増えていたんです。「私のお乳のせいで、この子にこんなに辛い思いをさせて……」と大泣きしたものです。唯一の慰めだったチョコレートも断たれてしまい、お世辞にも良好とは言えない精神状態で出産直後の数か月を乗り切りました。このように、私の母乳に関する思い出はあまりいいものではありません。しかし最初の試練を乗り越えてからはトラブルはまったくなく、子供も大きすぎるくらい順調に育ったので、結果オーライだったと言えるでしょう。

 

母乳・ミルク論争は未だに激しいものがありますが、それにとらわれ過ぎたことが私の大きな間違いだったのではないかと今では思います。母乳でなければいけないと思い込み、「おっぱいを出すためなら何でも我慢しなければいけないんだ」と思い込んでしまったことで、大きなストレスをため込むことになりました。何よりも母体が心身ともに健やかでなければ、優しく赤ちゃんに接することもできないのだから、産院でも「私は苦しい」「こんなに辛い」ということをもっと主張してもよかったのではないかと感じています。また、里帰りを受け入れてくれた実の母親とも話し合いが足りていませんでした。やはり、母親の世代と今とでは赤ちゃんのお世話についての考え方が大きく違います。出産する前から、自分の方針などをきちんと伝え、理解してもらうことが必要でした。

 

そして、母乳だろうがミルクだろうが、赤ちゃんはきちんと育つ!ということを、今なら自信を持って言えます。結局2人の子供を完全母乳で育てましたが、そんな崇高な「やり遂げた感」などなくて、消毒の手間がなくて楽だな、外出も哺乳瓶持たなくていいから助かるな、くらいの気持ちです。これからお母さんになる方や、乳児を育てていらっしゃる方には、いつも笑顔のママでいられるように、おおらかな気持ちでいてほしいなと思います。

 

のんのん・20代後半

母乳・ミルクに囚われすぎないで記事一覧

途中で完母に移行

27歳でもうすぐ10か月になる娘ママです。私は今も授乳中です。つわりが酷く退職したのもあって、保育園の予定もないので卒乳する方向で考えてます。私は妊娠中に産婦人科の母親学級で母乳育児について学びました。そこでは取り敢えずおっぱいを咥えてもらう事を学びました。とは言っても実際、出産してから赤ちゃんと頑...

≫続きを読む

乳腺炎と仕事中の搾乳

私の初産は30歳でした。その後、31、34歳で出産しています。私の家庭は共働きを予定していたので、育児休暇中に少しでもと出産後よりずっと母乳をあたえてました。第一子の時は、女の子の為に吸い付きが弱くなかなか出ませんでした。ある日、乳腺から少し緑色の母乳が出た為、私は勝手に膿が出たと思い込みました。赤...

≫続きを読む