母乳育児しちゃいました!ママたちの体験

途中で完母に移行

27歳でもうすぐ10か月になる娘ママです。私は今も授乳中です。つわりが酷く退職したのもあって、保育園の予定もないので卒乳する方向で考えてます。
私は妊娠中に産婦人科の母親学級で母乳育児について学びました。そこでは取り敢えずおっぱいを咥えてもらう事を学びました。とは言っても実際、出産してから赤ちゃんと頑張ること、のようにおっしゃっていたのもあり、出産前は特にマッサージなどはしてませんでした。なので、出産前に母乳出る事もなかったです。
私が出産した産婦人科は、出産当日は少し赤ちゃんを抱っこして、後は助産師さんがお世話をしてくれました。当日の午前3時に出産したので丸1日は母乳をあげることはなかったです。

 

出産した次の日から母子同室になりましたが、そこからは赤ちゃんのペースに合わせて、泣いたらオムツ、おっぱい、ミルクという順でお世話しました。
初めてに1度、助産師さんの前ですおっぱいをあげてみて、咥え方などを指導してもらいましたが、ささっと咥えさせて終わり、という感じでした。なので、自分では母乳が出ているか全く分からず、そのまま指導された量のミルクをあげてました。
今思うと、この時点ではほぼ同じ母乳は出ていなかったようです。
病院によって、おっぱいをあげる前と後に体重をはかることもあるようですが、私が出産した病院ではそういったことはなかったです。また助産師さんに預ける場合は別ですが、決められた時間に赤ちゃんを起こして、といった指導ではなかったので、娘は生後3日目の午前中、沐浴や小児科の先生の診察などでタイミングがあわず、9時間近く母乳を飲ませることが出来なかったです。
母子同室と言っても夜など預かってもらうこともでき、その時は3時間毎にミルクをあげていたみたいです。そんな感じで、退院するまでは私といる時は起きた時にほとんど出ていないおっぱいを取り敢えず咥えてもらい、その後ミルクをあげる、といった流れでした。

 

 

退院したのは娘が生後5日目になりますが、産後里帰りが急遽決まり、車で4時間近くの移動の最中に出産後初めて胸が張る、という感覚を味わいました。
そして、実際おっぱいをあげてみると母乳が出てる感覚が初めてわかりました。
私はかなりの偏食ですが、薬は勿論、カフェインの取りすぎに注意しているだけで食生活はとても誇れるものではありません。
娘が根気よく出ないおっぱいを咥えてくれたおかげで母乳が出るようになったのだと思います。出産前は母乳育児出来るだろう、と思い、哺乳瓶の準備はしていませんでした。
しかし退院する前日までほとんど母乳が出ていなかったので、急遽哺乳瓶などを買い揃えました。

 

ただ、退院した日から本当に急に出始めたので、実際は哺乳瓶の出番はあまりありませんでした。
それでも買った手前、また実母がミルク推奨派だったので、ミルクも特に寝る前に足していました。
しかし、1か月健診でミルクの量などを聞かれ、わざわざミルクを足すことはないのではないか、と助言を受けたのを機に完全母乳へと移行しました。

 

今は離乳食も3回になり、日中はほとんど飲みませんが、夜は何度か起きるのでその都度おっぱいをあげてます。
日中もグズった時などはまだおっぱいはあげてます。歯も8本生えてきて、生え始めの頃は噛まれると、とても痛かったですが、根気よく目を見て注意していると自然と噛むことはなくなりました。
このまま娘の様子をみつつ、自然と回数も減り、卒乳出来たらいいな、と思ってます。

 

さぁちゃん・20代後半

関連ページ

乳腺炎と仕事中の搾乳
「乳腺炎と仕事中の搾乳」の体験談。母乳育児に取り組んだママたちは、どんな風に進めた?どんなところがタイヘンだった?成功談失敗談、さまざまな母乳育児の体験談特集。