母乳育児しちゃいました!ママたちの体験

うまくいった卒乳、大変だった乳腺炎

わたしの母乳育児でうまくいったことはおっぱい離れです。
どんな時もおっぱいをあげられるのでぐずったらおっぱいをあげるようにしていました。
騒がないで欲しい時や手ぶらな時にもすぐにおっぱいをあげるとおとなしくなって欲求も満たされるのか聞き分けが良くなりました。
よくそんなことしてるとおっぱい離れ大変だよと言われていましたが、私はおっぱいを欲しがる子供に我慢はさせたくなかったので欲しがるだけあげてそのあとのことはその時考えようと決めてました。

 

ある日子供が1歳6ヶ月の時ミルク飲みたいと自ら言ってきたのでミルクをあげました。
その日から1日1回はミルクを飲むようになり徐々に1日2回、3回と増えていき同時におっぱいが減っていきました。
2歳になる前には完全におっぱいを飲まなくなり自然におっぱい離れに成功しました。
私も徐々にだったので寂しさや切なさもあまり感じずにいられておっぱいトラブルもなくフェードアウトできました。
そして産後ダイエットも成功しました。
おっぱいをあげ続けた結果1年半で妊娠前の体重?4kgになりました。
ご飯の量も今までの1.5倍ほどに増えたのに体重が減っていく母乳はすごいなと感じました。

 

ただ、1つ大変だったのがおっぱいだけの頃はどうしても子供預けて出掛けなくてはいけない時などななかなか哺乳瓶を吸ってくれず苦労したと見ていてくれた母が言っていました。
おっぱいを以外は受け付けない感じで出掛けたくても出掛けられない環境でした。
なので早い段階で哺乳瓶慣れさせるのもおっぱいあげてるお母さんの負担軽減にもなるのかなと思いました。

 

 

母乳育児してる途中1度だけ乳腺炎になったことがあります。
1人目の時は食べ物もあまり気にせず甘いものも普通に食べていておっぱいが詰まるということはありませんでしたが2人目の時突然朝熱が39.2度の高熱がでて、風邪っぽい様子も無いしおっぱいも張っていないから乳腺炎ではないと思っていたのですぐに下がるだろうと思い放っておきました。
しかし3日目熱は一向に下がらず40度近くまで上がってしまいさすがに心配になり病院にいったら乳腺炎ですと言われました。
おっぱいの張りが全くなかったのでまさかとは思いましたがおっぱいの奥の奥にしこりがありそれが高熱の原因だと言われました。
なのでなかなか力を入れてもほぐせないところにあるので、たくさん吸ってもらい糖分を控えてくださいと言われました。

 

その日の夜しこりのある方のおっぱいを集中的に吸ってもらいなるべく強く教わったおっぱいマッサージをしたら翌日の朝には熱が下がっていました。
しこりも小さくなっていて3日後には完全に消えていて熱も平熱までに戻りました。
食べ物にも気をつけるようにして乳腺炎にならないよう心掛けるようにしてます。
つい乳腺炎はおっぱいが張るというイメージだったのでそういうわけじゃないんだと学びました。
授乳中はお薬が飲めないので体調をこじらすとしんどいだけなので気をつけられるところは気をつけていかないとなと。
あまり身体を冷やさないようにしたりおっぱいマッサージなども教えていただいたので毎日やるようにして乳腺の通りをよくするようにしています。

 

いことちゃん・20代前半